ドトール バイト 体験談

ドトールのバイト体験談|マイペースの人には向かないかもしれません

ドトールのバイト体験談





学生の頃に、駅地下のコーヒーショップでバイトをしてました。

仕事の内容はドリンク・食べ物の提供、補充、レジ、掃除などで、1時間ごとに入れ替わって
それぞれの作業をするという流れでした。

忙しいお店だったので、時間によっては食事もできないくらい忙しかったですが、
言われたことを迅速かつスピーディーに理解し、素早く動ける人には合っている仕事だと思います。

のんびり屋さんで、マイペースの人には向いてないかもしれませんね。

これは、店舗によって違うとは思いますが、全体的に雰囲気は良くてく、
面倒見の良い先輩ばかりだったので、初アルバイトでたくさんのことを学べました。

シフトには入りやすかったので、結構多めにシフトに入って
稼ぎたいという方には、おススメですね。


接客業の醍醐味


学生時代、オフィス街にある店舗で働いていました。

そのお店は店長がいない店舗だったので、カウンター内での接客、
レジ、ドリンク、サンドイッチやパンなどのフード作り、洗い物、
発注やレジ精算、お店の電話対応まで、すべてを任されていました。

今考えると、凄く貴重な体験をさせていただきました。
社会人経験がない私にとって、勉強になることばかりでした。

常連のお客様との会話も楽しくて、接客業務の醍醐味を感じることができました。

研修がとても充実していました


バイトして、飲食店は初めての経験でした。
全国チェーン店ということもあり、研修が充実していましたね。

初日は勤務する店舗ではなく、ビルの中の会議室での研修でした。

ここで、1から業務のイロハを教わりました。
コーヒー豆はどのように作られているのか?からなので
本当に1から学んだという感じです。

その後、勤務先の店舗で研修を受けますが、一週間くらいはレジには触れることはできませんでした。
バックルームで、レジ接客のシュミレーションをさせられました。

シュミレーションの時は辛かったですが、
そのおかげでレジでの接客で丁寧な言葉遣いで接することができたと思います。


PR広告 ガールズワーカー (@girlsface) | Twitter